仮想通貨ウォレットの一覧&人気ランキングTOP13【Twitterフォロワー数順】

PC・スマホのウォレットアプリとハードウェアウォレットをまとめた人気ランキングです。それぞれ特長が違いますので比較してみてください。

初めての方は、PCならブラウザ拡張機能のウォレットアプリ、モバイルならモバイルのウォレットアプリが良いでしょう。

高額の暗号資産を保管・運用したくなってきたらハードウェアウォレットの購入を検討してみましょう。秘密鍵の安全な保管や、トランザクション署名の機能を持つデバイスで、PC/スマホとUSBやBluetoothでつなぎ、ブラウザ拡張機能やモバイルアプリのソフトウェアウォレットと連携させて使います。ハードウェアウォレットを使うことでセキュリティは大幅に向上します。

⇅ Twtterフォロワー数順

Trust Wallet

1位
Trust Walletのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 2294784
  • 2,500万人以上が利用する、モバイルアプリのウォレット。
  • ERC-20のほかビットコインやSolana、リップルなど、65以上のブロックチェーンと450万以上のアセットをサポート
  • NFTの一覧表示が可能。
  • トークンのステーキングもここから実行できる。
  • Dappブラウザで、Dappと簡単かつシームレス、そして安全に接続が可能。
    • ウォレットを接続するときは、Dappのウォレット選択画面で「Injected Wallet」を選択すればOK。

もっと見る

MetaMask

2位
MetaMaskのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 1038744
  • イーサリアムおよびEVM互換ブロックチェーンにおけるウォレットのデファクトスタンダード
    • MetaMaskならほとんどのDappsに接続できる。
  • ブラウザー拡張機能とモバイルアプリの両方がある。
  • スワップ機能を搭載。
    • DEXやアグリゲーターのデータを組み合わせて、最小のネットワーク料金で最高の価格を確実に取得できるようになっている。
    • 所定のサービス料金がかかる。

もっと見る

AD

★ここから登録すればプラン料金が初回20ドル値引き!★

仮想通貨損益計算ツール「Koinly」

Ledger

3位
Ledgerのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 556840
  • フランスのLedger社が開発したハードウェアウォレットのシリーズ。
  • 読み方は「レジャー」。
  • 世界で500万台以上販売された(2022年9月時点)。
  • 独自OS「BOLOS」によりデバイスのセキュリティを強化。アプリケーションは互いに分離されている。またサードパーティーがオリジナルのアプリケーションを開発できる。
  • 日本の正規代理店はこちら→ハードウェアウォレットジャパン

もっと見る

SafePal

4位
SafePalのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 521037
  • 「必要なものすべてが1つのウォレットに」
  • スマホアプリ、Chrome拡張機能、ハードウェアウォレットの3種類を用意。
  • 45以上のブロックチェーン、30,000以上のコインに対応している(2022年10月時点)。
  • Binance等と統合し、スワップのほかブリッジ、クロスチェーンスワップも可能。
  • 自分のNFTをここ1ヶ所ですべて確認できる。
  • 独自トークン「SFP」:SafePalエコシステムのユーティリティトークン。保有者には、エアドロップ、ステーキング報酬、NFTなどの報酬・インセンティブがある。
  • 他にも多くの機能がある。
    • クレジットカード等を使って、SafePalウォレットから仮想通貨を購入できる。
    • 市場のトークン価格もSafePalウォレット内でチェック。
    • Dappsに簡単アクセス。よく使うDappsをブックマークすればさらに便利に。
    • Defiのプールにもアクセス可能。資金を預けて利回りを獲得できる。

もっと見る

Phantom

5位
Phantomのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 350707
  • Solanaの代表的なウォレット
  • スワップ機能あり。
  • NFTもサポートしている。一覧表示や送信、マーケットプレイスへの出品も可能。
  • ハードウェアウォレットを接続できる。
  • スマホ版は生体認証に対応。

もっと見る

Argent

6位
Argentのスクリーンショット
カテゴリ ウォレット
ネットワーク
タグ モバイルウォレット
TwitterDiscordYouTubeGitHub
Twitterフォロワー数 277835
  • イーサリアムのレイヤー2ネットワーク向けのウォレットアプリ。
  • 2022年11月時点では、イーサリアムメインネットとzkSyncの2つにのみ対応している。それ以外のレイヤー2ネットワークには非対応。
  • レイヤー2で暗号資産を購入(ただし日本からは利用不可)。
  • AaveやLido、Yearnなどの大手Defiでの暗号資産運用がArgentから簡単に行える。
  • Argentのウォレットにはシードフレーズが無い。ウォレットを復元する際にはマルチシグセキュリティを用いる(Argent Valut)。
    • 以下のようなものが「ガーディアン」となる。ウォレットを復元するにはガーディアンの過半数の承認が必要。
      • 自分が持っている他のデバイス(ハードウェアウォレットまたは他のスマートフォン)
      • 信頼できる人(家族、友人など)
      • サードパーティーのサービス(二要素認証を使用するもの)
    • 他には、信頼されていないウォレットアドレスとの取引や、ウォレットのロック/ロック解除、ウォレットの所有権の譲渡にもガーディアンの承認を必要とする。
  • レイヤー2ネットワークのStarkNetを利用できるブラウザ拡張機能ウォレットの「Argent X」も提供している。

もっと見る

CoinBase Wallet

7位
CoinBase Walletのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 233396
  • Coinbaseが提供するセルフカストディのウォレット
  • ブラウザ拡張の方はイーサリアム・EVM互換ネットワークに対応。
  • モバイルアプリの方はイーサリアム・EVM互換ネットワークの他にも、ビットコイン、ライトコイン、ドージコイン、ステラルーメン、リップルに対応している。
  • NFTの管理、Dappsブラウザ、Defiでの取引などが可能。
  • Coinbaseアカウントをリンクして簡単アクセス。

もっと見る

Trezor

8位
Trezorのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 183627
  • 2014年から販売されているハードウェアウォレットシリーズ。
  • 以前はテックビューロ(Zaifの元運営会社)が日本の正規代理店だった。
  • ファームウェア等のソフトウェアがオープンソースで公開されている。

もっと見る

Status

9位
Statusのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 150501
  • メッセージングアプリ+ウォレット+Web 3ブラウザ
  • オープンソースで開発されている
  • チャットは、友達とプライベートチャットのほか、グループチャット、公開チャットができる。
  • ユーザー名は最初は匿名で、ランダムな英単語3つが使われる。
    • ENSを登録すればユーザー名として使える。登録には所定のSNTトークンが必要。
  • ステッカー(LINEスタンプみたいなやつ)を、ステッカーマーケットで購入したり、作成・販売できる。支払いはSNTで。
  • ウォレットはイーサリアムに対応。プライベートメッセンジャーとシームレスに統合されており、どこでも誰とでも支払いを行える。
  • ブラウザからDappsに簡単にアクセス。
  • Keycardでセキュリティ向上。
    • Keycardは、NFT技術を用いた非接触型のコールドストレージ・ハードウェアウォレット。これを使うことでウォレットの資産・取引や、アカウントへのアクセスを強力に保護できる。
  • SNTトークンの用途は他にも、ガバナンス、Dappキュレーションサービスへの参加、投票DAppなどがあり、今後も増えていく予定。

もっと見る

Keplr

10位
Keplrのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 73533
  • Cosmosの代表的なウォレット
  • インターチェーン(Cosmos SDKベースのブロックチェーン)全体にアクセスできる。
  • IBC送金に対応(デフォルトではこの機能はオフになっており、設定でオンにする必要あり)。
  • Webアプリの「Keplr ダッシュボード」で、ステーキングやガバナンス参加ができる。
    • ステーキング:選択したバリデーターにトークンを委譲し、利回りを得られる。
    • ガバナンス:提案への投票および過去の投票結果の確認が可能。

もっと見る

XDEFI Wallet

11位
XDEFI Walletのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 73057
  • ビットコイン、イーサリアム、Solanaなどに対応したマルチチェーンウォレット
  • すべてのNFTを1つのギャラリーに表示。
  • ウォレット内でクロスチェーンスワップやブリッジが可能。
  • 独自トークン「XDEFI」を発行している。
    • ステーキングすることで報酬を獲得できる。ロック期間を選択可能。
    • ステーキングの金額やロック期間に応じてNFTバッジがもらえる。
    • 今後、NFTバッチの特典として、手数料の払い戻しやプレミアム機能へのアクセス、ウォレットスキン、ガバナンス投票権などを実装予定となっている。

もっと見る

Rainbow

12位
Rainbowのスクリーンショット
カテゴリ ウォレット
ネットワーク
タグ モバイルウォレット
TwitterGitHub
Twitterフォロワー数 62773
  • 楽しくシンプルで安全なウォレットアプリ。
  • Web 3と仮想通貨を楽しくする美しいインターフェイスとデザイン
    • 技術的な説明もできるだけ省かれており、初心者がぶつかる障壁を無くしている。
    • 3D、AR、ビデオ、オーディオ等のデジタルアートをサポート。
    • お気に入りのデジタルアートをソーシャルメディアで紹介したり、ENSプロフィールを作成したり、役立つ記事やトークンのトレンド、新しいアセットを見つけたりできる。
    • iCloudまたはGoogle Driveを使用したウォレットのバックアップが行える。
  • オープンソースで開発されている。

もっと見る

polkadot{.js}

13位
polkadot{.js}のスクリーンショット
カテゴリ ウォレット
ネットワーク
タグ ブラウザ拡張機能
TwitterGitHub
Twitterフォロワー数 14457
  • Parity Technologiesが開発している、Polkadot公式のウォレット
  • ブラウザ拡張機能は、アカウントの管理やアカウントキーによる署名を行うための非常にシンプルなものとなっている。
    • ダウンロードは公式サイトの「extension」のページから。
  • トークンの残高の確認や送受信などはWebアプリ側で行える。公式サイトの「apps wallet (hosted)」または「apps wallet (ipfs)」からアクセスできる。
  • Webアプリ側には他にも、ブロックチェーンエクスプローラやガバナンス、開発者向け情報などがある。

もっと見る

仮想通貨ウォレットの比較のポイント

対応しているブロックチェーン(ネットワーク)

世の中にはイーサリアムやSolanaなど、いろんなブロックチェーンがあります。

簡単に言えば、イーサリアムならイーサリアム用のウォレットアプリを、SolanaならSolana用のウォレットアプリを使う必要があるということです。代表的なものとしては、イーサリアムならMetaMask、SolanaならPhantomがありますね。

暗号通貨をウォレットに入れたいときは、その暗号通貨の発行元ネットワークに対応したウォレットを使います。例えば「ETH」はイーサリアムの基軸通貨なのでイーサリアム対応のウォレットに入れます。「SOL」はSolanaの基軸通貨なのでSolanaのウォレットが必要です。

ところで、EVM互換ネットワークというものがあります。イーサリアムのシステムと互換性があるネットワークのことで、BNB ChainやPolygonなどが該当します。先ほど名前が出てきたMetaMaskは、実はEVM互換ネットワークであればなんでも対応可能です。そしてMetaMaskは、それらのネットワークで発行された通貨・トークン(イーサリアムのトークンに関する規格「ERC-20」に適合したトークン)ならすべて扱えます。

※SolanaはEVM互換ではないので、MetaMaskには対応していません。

トークンの中には複数のネットワークに対応しているものも多いです。例えばUSDTやUSDCなどのステーブルコインは多くのネットワークに対応しています。最近話題のSTEPNのトークン「GMT」も、SolanaとBNB Chainの両方に対応していますね。

ちなみにメジャーなハードウェアウォレットは非常に多くのネットワークに対応しています。イーサリアムもビットコインもSolanaもいける、といった具合です。一方でブラウザ拡張機能やモバイルのウォレットアプリは、1つにつき(互換ネットワークをまとめて)1種類のネットワークに対応しているという場合が多いです。

機能の良さ・多さ

ウォレットアプリにも多くの機能を搭載するものが増えてきました。

所有しているNFTを一覧表示することができたり、ウォレットアプリから直接NFTを販売できるものもあります。主要なDappsリストを備えたウォレットアプリであれば、偽サイトにアクセスしてしまう危険もなく簡単・安全にDappsを使えます。

ユーザーインターフェースの良さ

普段使いするウォレットアプリは特に、ユーザーインターフェースが優れたものを選びたいですね。持っているトークンとその価格などの情報の見やすさや、動作の軽さ、そしてデザインの美しさもやはり重要なポイント。見た目の良いものは使っていて気分が良いです。

そういえば着せ替え機能のあるウォレットアプリとかあまり見たこと無いですね…。そういうのも誰か作って欲しいですね。

価格の安さ

ブラウザ拡張機能のウォレットアプリやモバイルのウォレットアプリは、無料で使うことができます。ChromeウェブストアやApp Store、Google Play Storeからダウンロードしましょう。

ウォレットアプリにはまれに偽物が存在し、それをインストールしてしまうと危険です。ダウンロード数や評価数の多さで判断するのが1つの方法です(メジャーなものならダウンロード数は数百万〜数千万件あります)。

そしてハードウェアウォレットは、機種にもよりますが5,000円〜30,000円といったところです。高く感じられるかも知れませんが、小型の家庭用金庫でも20,000円くらいしますし、高額の暗号資産を安全に保管するわけですから出していい金額だと思います。

今のところメーカー数がそれほど多くないですが、暗号資産がもっと多くの人に広まって、ハードウェアウォレットを持ちたいと思う人が増えれば、ハードウェアウォレットのメーカーも増えて競争が活発になり、価格も下がるかも知れません。