Auroraに対応したDapps人気ランキングTOP11【Twitterフォロワー数順】

Auroraに対応したDappsには有名なサービスが多く存在します。1inch・Beefy・Multichainなど、管理人が調査およびエントリーした11個のサービスの中で、どこのサービスが一番人気があるのかが一目でわかるランキングを作りました。

では早速ご覧ください。

⇅ Twtterフォロワー数順

1inch

1位
1inchのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 1059707
  • 最良のレートでトレードできる分散型取引所。
    • ガス料金を考慮した上で最適な取引経路を見つけ出す「パスファインダー」。
    • 単一のトレード取引を複数のDEXに分割する場合も。
    • さまざまな取引所から流動性を調達している。
  • 指値取引やP2P取引にも対応。
  • チャートを見ながら取引できる「クラシックモード」もあり。
  • 流動性マイニングで1INCHトークンを獲得できる。
    • 特定の通貨ペアで、トークンの追加報酬の獲得も可能となっている。
  • インスタントガバナンスを採用。1INCH保有者はプロトコルパラメータの変更に簡単に投票できる。

もっと見る

Beefy

2位
Beefyのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 270780
  • 分散型のマルチチェーンイールドオプティマイザー。
  • 流動性プールやレンディング等でファーミングを行い、その報酬を最大化する
  • 多くのネットワークに対応しているが、イーサリアムメインネットには非対応。
  • Vaultのリストから、さまざまな条件で検索し、好みのものを見つけられる。
    • 各ブロックチェーン
    • プロトコル
    • ティッカーシンボル
    • 注目のVaults
    • ステーブルコイン
    • ブルーチップ(優良Vaults)
    • 単体アセット/LP
    • Beefy Vaults
  • Vaultに預け入れた資産はロックされることはなく、いつでも引き出しが可能。
  • Vaultで得られた報酬は自動的に再投資される。
  • 独自トークンは「BIFI」。
    • プロトコル収益分配およびガバナンストークン。
    • Beefy Vaultsで運用できる。
      • Beefy Maxi:BIFIをステーキングして、BIFIをさらに増やす。
      • BIFI Earnings Pool:BIFIをステーキングして、収益をWETHやWBNB等で受け取る。

もっと見る

Multichain

3位
Multichainのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 131774
  • 異なるブロックチェーンに送金できる、クロスチェーンルータープロトコル
  • AnySwapから名称変更した
  • 送金にはいくつかのパターンがある
    • 送金元チェーンのアセットを、送金先チェーンのラップされたアセットにブリッジする(例:イーサリアムのETH→BSCのanyETH)
    • 流動性プールを利用して、ネイティブアセットを送金先チェーンに送る(例:イーサリアムのUSDC→BSCのUSDC)
    • ハイブリッド
  • Binanceとかを経由することなく、直接送金できるのが便利

もっと見る

Zerion

4位
Zerionのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 78671
  • イーサリアムやBSC、Polygon等のウォレットで保有しているアセットを一元管理できるサービス
    • アセットの種類や評価額、推移を確認できる
    • DEXやレンディングプロトコルに預けているアセットも見やすく表示してくれる
  • トークンのSwapやDEXへの流動性提供、レンディング・ボロウィングなどもZerion上から行える
  • ZerionでエクスポートしたCSVファイルは損益計算ツール「GTax」での取り込みに対応している
  • 自分のウォレットだけでなく、他人のウォレットもウォッチリストに入れてウォッチできる

もっと見る

tofuNFT

5位
tofuNFTのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 78010
  • GameFiとコレクティブルに強いNFTマーケットプレイス。
  • BNB Chainでの取引量はトップクラス
  • 多数のEVM互換ネットワークに対応している。いろんなネットワークのNFTがここ1ヶ所で揃えられるのは魅力。
  • NFTの検索機能が充実しており、販売形式や支払い通貨、NFTのアトリビュート(属性)などで細かく絞り込みができる。
  • 多言語に対応。
  • 2021年11月、株式会社COINJINJAが日本展開を開始。同時にdoublejump.tokyoと提携し、マイクリなど同社の運営するゲームのキャンペーンを実施している。

もっと見る

DeBank

6位
DeBankのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 75606
  • ポートフォリオを、DeFiに預けているものも含めてリストでわかりやすく表示
    • ネットワーク別のリストも見られる
  • トークンのスワップもここで
    • 複数のDEXの中からレートやガス代が最も有利なものを選んでスワップできる
  • SNS的な機能が追加されて話題に
    • ウォレットをフォローしたり、プロフィールにSNSアカウントを設定できる
    • フォロワー数やウォレット内の金額、SNSアカウント設定状況などのスコアに基づく「Web3 ソーシャルランキング」を掲載
  • Approve管理やトランザクションのリスク検出などのセキュリティ機能を持ったウォレット「Rabby」も提供中

もっと見る

Portal Token Bridge

7位
Portal Token Bridgeのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 68636
  • Wormholeによるクロスチェーンブリッジ。トークンやNFTを他のネットワークにブリッジする。
  • ブリッジ先ではラップされたトークンになる。
  • トークン転送がうまく完了しなかった場合に回復を行うRedeem(償還)の機能がある。
  • 2022年2月、Wormholeがハッカーによる攻撃を受け、12万ETH(約373億円)を盗まれる事件があった。

もっと見る

Synapse

8位
Synapseのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 52484
  • Defiマルチチェーンブリッジ。
  • ETHやOHM、ステーブルコインといったネイティブアセットを他のチェーンにブリッジできる。
  • ステーブルコインはスワップにも対応している。同一チェーンでのスワップのほか、ブリッジと同時にスワップも可能。
  • 流動性プロバイダーになることで報酬を獲得できる。

もっと見る

cBridge

9位
cBridgeのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 150547
  • ブロックチェーンの相互運用性プロトコル「Celer」で構築されたブリッジ。
  • 多くのブロックチェーン/トークンに対応している
  • NFTブリッジもあり。ただし2022年7月時点で対応ネットワークはイーサリアム・BNB Chain・Ape Chainのみで、対応NFTも一部のみに限られている。
  • 流動性提供により手数料収入とファーミング報酬を獲得できる。提供する際は単一のトークンでOK。
  • 独自トークン「CELR」はCeler SGNでステーキングすることで利回りを得られる。

もっと見る

Revoke.cash

10位
Revoke.cashのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 7430
  • Approveの解除(Revoke)ができるツール
    • 怪しいサービスにApproveしてしまったらすぐにこのツールで解除しましょう。
  • 20種類以上のブロックチェーンに対応している。
  • セキュリティを向上させるChrome拡張機能も提供。

もっと見る

Chocomint

Chocomintのスクリーンショット
  • 自己所有のコントラクトでNFTをミントできる国産ツール
    • ただし表示は英語。日本語は今のところ無い模様。
  • コントラクト作成者が所有者となり、コントラクトをコントロールできる。プラットフォームに依存することがない。
  • 少ないガス料金でNFTを作成できる。
  • コーディングは不要。シンプルなUIで使いやすい。
  • マルチチェーンに対応。
    • 各種テストネットにも対応しているので、お試しはそちらで。
  • バルクミント(大量のミント)をサポートするChocomint V2がベータ公開中(2022年10月時点)。

もっと見る

Auroraに対応したDappsランキングのまとめ

Auroraに対応したDappsを一覧で紹介しました。

ランキング上位のサービスは、公式Twitterアカウントが多くのユーザーにフォローされていて、Web 3に関心を持つユーザーたちによって実際に支持されているものとなっていますのでおすすめです。

各サービスは、SmartBCH・CLV・Palmなどのブロックチェーンネットワークに対応したものや、クリエイター向け・ミントツール・独自コントラクトなど、それぞれ独自の特長や機能を持っていますので比較してみてください。このランキングページではそれぞれのサービスの簡単な特長を箇条書きでまとめてありますので、選ぶ際の参考になればと思います。