イーサリアムに対応したDapps人気ランキングTOP20【Twitterフォロワー数順】

イーサリアムに対応したDappsには有名なサービスが多く存在します。Trust Wallet・OpenSea・Blockchain.com Explorerなど、管理人が調査およびエントリーした20個のサービスの中で、どこのサービスが一番人気があるのかが一目でわかるランキングを作りました。

では早速ご覧ください。

⇅ Twtterフォロワー数順

Trust Wallet

1位
Trust Walletのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 2040031
  • 2,500万人以上が利用する、モバイルアプリのウォレット。
  • ERC-20のほかビットコインやSolana、リップルなど、65以上のブロックチェーンと450万以上のアセットをサポート
  • NFTの一覧表示が可能。
  • トークンのステーキングもここから実行できる。
  • Dappブラウザで、Dappと簡単かつシームレス、そして安全に接続が可能。
    • ウォレットを接続するときは、Dappのウォレット選択画面で「Injected Wallet」を選択すればOK。

もっと見る

OpenSea

2位
OpenSeaのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 1871876
  • 世界初のNFTマーケットプレイスにして最大手
    • 2021年8月の月間流通総額は約3,650億円(メルカリの2倍弱)、月間アクティブユーザー数は約22万人!
  • アートや音楽、ドメイン、ゲームのアイテムや土地、トレーディングカード、スポーツ選手の写真コレクションなどさまざまなカテゴリーがある
  • 定額販売のほかオークションも行われている
  • ロイヤリティを設定できる(NFTの売買が行われるたびにアーティストに報酬が入る)
  • イーサリアムのほか、Polygon・Klaytn・Solanaにも対応

もっと見る

Blockchain.com Explorer

3位
Blockchain.com Explorerのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 1349511
  • ビットコインではメジャーなブロックチェーンエクスプローラ
  • 過去の価格や、最近マイニングされたブロック、メモリプールサイズ、最新のトランザクションのデータなどを確認できる
  • いろいろな統計を見ることができるのも面白いポイント
    • 毎日のアクティブアドレス
    • 合計アドレス
    • 大規模トランザクションの数
    • 東対西
    • 長期保有者・短期保有者の割合
    • クジラの数・割合
  • Blockchain.comでは他にウォレットや取引アプリも提供している

もっと見る

The Sandbox

4位
The Sandboxのスクリーンショット
カテゴリ メタバース
ネットワーク
タグ ボクセル
TwitterFacebookInstagramTelegramDiscordMediumYouTubeTwitch
Twitterフォロワー数 1069427
  • ボクセルアートの世界で遊べるメタバース。
  • マップから行きたい場所を選んで「Play」を押せばその場所で遊べる。
  • ゲーム内通貨は「SAND」トークン。
    • マーケットプレイスでLANDやアセットの売買に使えるほか、施設の入場料の支払いや、ゲームの賞金など、多くの用途がある。ステーキングして増やすことも可能。
  • ボクセルエディター「VoxEdit」で、誰でもアバターや装備品、建物、家具、植物などのアセットを作成できる。作成したアセットはNFTとして、The Sandbox内のマーケットプレイスやOpensea等で販売し、収益を得ることができる。
  • 土地「LAND」もNFTとなっており、マーケットプレイスで取引されている。
  • ゲームを作るツール「Game Maker」も提供されている
    • アセットを配置し、振る舞いの定義やパラメータの設定などを行って、無料で3Dゲームを作れる。コーディングは不要。シンプルで直感的なインターフェースとなっており習得も簡単。
  • スクウェア・エニックスやソフトバンクなどがThe Sandboxに出資している。
  • アディダスやアタリ、グッチ、そしてエイベックスやSHIBUYA109などの日本企業も参入している。

もっと見る

1inch

5位
1inchのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 1059707
  • 最良のレートでトレードできる分散型取引所。
    • ガス料金を考慮した上で最適な取引経路を見つけ出す「パスファインダー」。
    • 単一のトレード取引を複数のDEXに分割する場合も。
    • さまざまな取引所から流動性を調達している。
  • 指値取引やP2P取引にも対応。
  • チャートを見ながら取引できる「クラシックモード」もあり。
  • 流動性マイニングで1INCHトークンを獲得できる。
    • 特定の通貨ペアで、トークンの追加報酬の獲得も可能となっている。
  • インスタントガバナンスを採用。1INCH保有者はプロトコルパラメータの変更に簡単に投票できる。

もっと見る

Uniswap

6位
Uniswapのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 923527
  • 分散型取引所(DEX)の最大手
  • 自動マーケットメーカー(AMM)のリーダー的存在
    • AMM以前はオーダーブック形式(売り手と買い手をマッチングさせる)だった。オーダーブック形式はマッチングできなければ取引ができず流動性に課題があった。それを解決したのが自動マーケットメーカー。
    • ERC20トークンなら何でも流動性を提供できる
    • 誰でも流動性プロバイダーになれる
    • 流動性を提供すれば、利回りを得られるのに加えて、報酬としてUNIも手に入る
  • シンプルなUI
    • 後続のDEXもUniswapのUIを手本にしているとか
  • イーサリアムトークンの交換ならとりあえずここ、といったレベル
  • Uniswap V3では、価格レンジ(最少価格・最高価格)の設定や手数料の選択ができ、より効率良く流動性提供が可能に
  • Uniswapから派生した分散型取引所としてSushiSwapがある

もっと見る

MetaMask

7位
MetaMaskのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 856094
  • イーサリアムおよびEVM互換ブロックチェーンにおけるウォレットのデファクトスタンダード
    • MetaMaskならほとんどのDappsに接続できる。
  • ブラウザー拡張機能とモバイルアプリの両方がある。
  • スワップ機能を搭載。
    • DEXやアグリゲーターのデータを組み合わせて、最小のネットワーク料金で最高の価格を確実に取得できるようになっている。
    • 所定のサービス料金がかかる。

もっと見る

Decentraland

8位
Decentralandのスクリーンショット
カテゴリ メタバース
ネットワーク
TwitterDiscordRedditGitHub
Twitterフォロワー数 642981
  • DAOにより運営されている仮想空間
  • 土地(LAND)やアバター衣装をNFTで所有、および売買が可能。
    • 取引はOpensea等で行えるほか、Decentraland内にもマーケットプレイスがある。
  • ビルダーツールでシーン(土地に設置する建築物や風景)や衣装を作成したり、SDKを用いてシーンにコードを記述して、世界を構築できる。
  • Decentraland Namesはアバターまたは区画につけられる一意の名前。これもNFTとなっている。
  • ミニゲームやダンスパーティ、ライブパフォーマンスなど、ユーザーによってさまざまな施設が作られ、イベントが開催されている。
  • Decentraland内の通貨は「MANA」。アイテムの購入や施設の入場料の支払いなどに用いる。
  • サムスン、アディダス、アタリ、コカコーラなどの有名企業が土地を購入したり、関連イベントを開催した。

もっと見る

Ledger

9位
Ledgerのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 536250
  • フランスのLedger社が開発したハードウェアウォレットのシリーズ。
  • 読み方は「レジャー」。
  • 世界で500万台以上販売された(2022年9月時点)。
  • 独自OS「BOLOS」によりデバイスのセキュリティを強化。アプリケーションは互いに分離されている。またサードパーティーがオリジナルのアプリケーションを開発できる。
  • 日本の正規代理店はこちら→ハードウェアウォレットジャパン

もっと見る

Aave

10位
Aaveのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 501012
  • イーサリアムで最も有名なレンディングサービスの1つ
  • 読み方は「アーベ」
  • 2017年にローンチしたETHLendが前身
  • TVLはCompoundを上回り、レンディングのみならずDeFiプロトコル全体でもトップクラス(2021年10月12日時点)
  • 資産をプールに預けて流動性を提供することで収入を得られる
  • 預けた資産を担保として借入ができる
  • 借入の時、変動金利にするか固定金利にするか選べる
  • フラッシュローンに対応
    • 1つのトランザクション内で借入〜返済まで完結させる
    • 無担保で借入できる
    • 裁定取引(アービトラージ)などの用途がある
    • 返済が行われなかった場合、そのトランザクションは不成立となる
  • 信用委任に対応
    • 自分の与信枠を他の人に委任できる
  • AAVEトークンはステーキングできる。ステーキングされた分はAaveのセーフティモジュールで利用されるとのこと

もっと見る

Rarible

11位
Raribleのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 493164
  • イーサリアムではOpenSeaに次ぐ人気のあるNFTマーケットプレイス
  • 独自のガバナンストークン「RARI」を発行
    • Raribleで売買すると獲得できる
    • コミュニティがあり、議論や投票が行われている
  • 買った人だけがアクセスできるコンテンツを設定できる「購入後にロック解除」機能あり
  • lazy minting機能
    • NFTが出品されたタイミングではなく購入されたタイミングでミントする
    • ガス代はNFT購入者が支払う
    • これによりクリエイターの負担が軽くなる

もっと見る

Project Galaxy

12位
Project Galaxyのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 455163
  • Web 3のクレデンシャル(資格・権限)データネットワーク
    • Web 3のプロジェクトや開発者はクレデンシャルデータを活用することで、より優れた製品・コミュニティを構築するのに役立てられる。例:コミュニティメンバーへの報酬としてNFTバッジを配布する、タスクを完了した・クイズで合格点を取ったなどのアチーブメント(実績・達成)を贈る など
    • Web 3のプロジェクトとはAPIで統合する。
  • アチーブメントの記録はGalaxy OAT(オンチェーンアチーブメントトークン)と呼ばれる。
  • すべてのOAT NFTのメタデータは、IPFSとFilecoinを搭載したNFT.Storageに保存される。
  • ユーザー名の設定や、フォロー機能を持つ「Galaxy ID」を利用可能。

もっと見る

Town Star

13位
Town Starのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 385752
  • 町を発展させる箱庭系ゲーム
    • 畑・労働者の家・道路・倉庫などの施設を建てて、作物の生産や加工を行い、それを売ってお金を稼ぎ、稼いだお金で新たな施設を建てる、これを繰り返して発展させていく
    • ゲームが進むと原子力まで扱えたりする
  • バランスよく施設を建てていくのがコツ
    • バランスが悪いと、せっかく生産した品物に廃棄が出たり、施設に遊び時間が発生したりして効率が落ちる
    • 配置も重要。畑は池の近くに建てる、風車の周りには大きな建物を建てない、等
    • 効率を追求すると奥が深いゲーム
  • 町を作る場所を最初に選べる
    • 海や川、森林、砂漠地帯など、場所によって特色があり、生産できるものも当然違ってくる
  • 特殊な施設がNFTとして販売されている
    • GALAトークンの保有やNFT施設の設置を行ってゲームを進めることで、TOWNトークンを獲得できる

もっと見る

Magic Eden

14位
Magic Edenのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 346340
  • コレクションの二次流通に強い、SolanaのNFTマーケットプレイス。
  • ゲームのNFTの取り扱いもあり。
  • ユーザーインターフェースはOpenseaに似ている。
    • 「Activity」でフロア価格やボリュームをグラフで確認できるほか、「Stats」で価格別の販売数や、レアリティと価格の散布図、日付と価格の散布図、トップホルダー一覧などの情報を詳しく見ることができる。
  • 「Drop Calendar」に、近日開始予定のプロジェクトがまとめられている。
  • 「Launchpad」は独自のミンティングプラットフォーム。コレクションのホワイトリスト所有者向けのセールや、期間限定セールが行われており、参加者はここでNFTをミントできる。
  • 公式NFTコレクションの「MagicTicket」を保有することで、Magic EdenのDAOである「MagicDAO」にアクセスできる。
  • イーサリアム対応は進行中。

もっと見る

Foundation

15位
Foundationのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 345281
  • 3D、画像、動画のアートNFTを取り扱う
  • 一点ものの作品が中心で、コレクティブルの多いOpenSeaとは対照的
  • クリエイターは招待制
    • 既存のクリエイターから招待を受けた人のみが登録できる
    • 招待枠は作品を売ったり買ったりしないと増えないため、貴重
  • アーティストからの人気が高まっている

もっと見る

SuperRare

16位
SuperRareのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 332921
  • 量より質のNFTマーケットプレイス
    • 審査に通ったもののみ出品できる
    • 比較的高額なアートNFTを多く取り扱う
    • サイトデザインも上品な雰囲気がある
  • オークション入札も1件1件すべてブロックチェーンに記録される
    • それもNFTの歴史として楽しめる

もっと見る

Curve

17位
Curveのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 315763
  • ステーブルコインの取引に特化したDEX
  • TVLではUniswapを上回る(2021年9月時点)
  • 取引手数料が他のDEXより安い
  • 低いスリッページ
  • 流動性マイニングでCRVを受け取れる
    • ステーブルコイン同士ならインパーマネントロスは起きにくい
    • 3つ以上の通貨のプールもある
  • CRVを一定期間ロックすることで、取引手数料から利回りを得られるほか、投票権となるveCRV(vote escrowed CRV)を獲得できる
    • 流動性プールを選んで投票(ゲージウェイト投票)すると、流動性プールに提供された金額に重みが付く
    • これにより、どこのプールにどれだけCRVが配布されるかが決まる
    • 流動性のバランスを取るための仕組み
  • WebデザインがLinuxっぽい

もっと見る

Unstoppable Domains

18位
Unstoppable Domainsのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 294836
  • .x、.crypto、.coin、.wallet、.nftなど多くのTLDを選べるネームサービス
  • Polygonにミントできる
  • 1回限りの支払いであり更新料は不要。一度購入すればずっと使える
  • 分散ストレージネットワーク上のコンテンツにポイント可能
    • 対応ブラウザを使うか、またはブラウザ拡張機能をインストールすればアクセスできるようになる
  • 決済方法は仮想通貨以外にもクレジットカードやPayPal等が使える

もっと見る

ApeSwap

19位
ApeSwapのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 281106
  • すべての人がアクセス可能で、透明性があり安全な体験を提供することに重点を置いている。
  • 普通のスワップと指値注文に対応。
  • ユーティリティトークン「BANANA」
    • 流動性提供やステーキングの報酬として獲得できる。
    • レンディングやステーキングで増やせる。
    • GNANAに交換が可能。
  • ガバナンストークン「GNANA」(Golden Banana)
    • これもステーキング等で増やせる。
  • Treasury Bills
    • LPトークンを一定期間預けると引き換えとして証券NFTを受け取る。この証券NFTは期間終了後、割引価格のBANANAトークンまたはパートナートークンと交換できる
    • 証券NFTを取引することも可能。
  • Banana Maximizer
    • LPトークンやBANANAを預け、自動複利でBANANAを獲得。
  • IAO(Initial Ape Offering)
    • ApeSwapのIDOプラットフォーム。ApeSwapにより審査・承認されたプロジェクトが対象。BNBまたはGNANAを使って参加できる。
  • Self-Serve IAO
    • 上記と似ているが、こちらはApeSwapの承認を受けていないプロジェクトでもIDOを実施できる。
  • ApeSwap Pro
    • 上級ユーザー向けの取引プラットフォーム。ApolloXと提携。
  • 「NFA」(Non Fungible Apes)、「NFB」(Non Fungible Bananas)
    • 公式NFT。

もっと見る

Nifty Gateway

20位
Nifty Gatewayのスクリーンショット
Twitterフォロワー数 259129
  • NFTのプレミアマーケットプレイス。
  • 2019年11月に、海外の仮想通貨取引所であるGeminiにより買収された。
  • クリエイターがNFTを販売する「Drop」と、ユーザー同士で取引する「Marketplace」がある
    • Drop:
      • ドロップスケジュールに合わせて販売が行われる。
      • 販売方式は、オープンエディション(固定価格)、パック(個数限定)、オークション、サイレントオークション(他の人の入札が見えない)、ランクオークション、ドローイング(抽選)とさまざま。
    • Marketplace:
      • オフチェーンとオンチェーンの両方に対応している
      • オフチェーン取引の決済方法は、クレジットカード、プリペイドETH、Gemini口座から引き落としに対応。ガス代はもちろんかからない。購入したNFTはイーサリアムウォレットに引き出すことができる。
      • オンチェーン取引は「Wallet to Wallet」と呼んでいる。
  • 掲載は審査制。
  • ヒップホップのエミネムや、デジタルアーティストのBeepleといった有名アーティストもNFTを販売した。

もっと見る

イーサリアムに対応したDappsランキングのまとめ

イーサリアムに対応したDappsを一覧で紹介しました。

ランキング上位のサービスは、公式Twitterアカウントが多くのユーザーにフォローされていて、Web 3に関心を持つユーザーたちによって実際に支持されているものとなっていますのでおすすめです。

各サービスは、Tezos・Immutable X・Flowなどのブロックチェーンネットワークに対応したものや、レンディングあり・オフチェーン・クレジットカード決済対応など、それぞれ独自の特長や機能を持っていますので比較してみてください。このランキングページではそれぞれのサービスの簡単な特長を箇条書きでまとめてありますので、選ぶ際の参考になればと思います。